ガレブログ

ご覧頂いている、みなみなさま♪
勝手な意見なので、気にしないで下さい♪
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
まったく・・・

自分の車の整備ほど嫌なものはありません。

 

工賃はかかりませんけど部品代はかかりますしね。

 

ウチの代車です。

去年導入した、

H15年式 新車の中古L150ムーヴです。

 

 

数日前、代車に出そうと思ったらベルト鳴きが大きくて・・・

 

少し調整してだすか!

と思い、パワステポンプを緩めて、数ミリ動かしたらオイルが漏れてきて・・・

 

 

 

も〜

急いでいるのに!

 

少し見たけど、今日は無理と諦めました。

でも見てみたら、なんともだけどここの取り出しから漏れてくる。

 

 

オーリングだけなのか?

ひとまず交換してみないとわからないし。

 

部品屋さんに聞いたら、ここのオーリングは出ないそうで。

 

悩んだけど、

このままじゃ動かないし

付けて、適当なオーリング付けて漏れると、また掃除が大変だし・・・

 

悩んだけどリビルトに交換しました。

 

ひとまず漏れはOKです。

やっぱりチェンジニアが一番!

 

悩んだけど・・・

また漏れて、ブレクリ何本も使って清掃して〜とかの手間や、

動かないイライラとかを考えたらリビルトで正解でした。

 

 

 

しかし

スズキもだけど、ダイハツもベルトの調整が難しい・・・

 

 

どの車でも

張ると鳴きのリスクは下がる。

けど他に負担がかかる。

 

ダイハツのベルトを注文すると、

【貼りすぎるとウォーターポンプが壊れます。】

というチラシが入ってくる。

 

けど張らないと鳴くんです。

でも張ると壊れるんです

(笑)

 

 

 

本当にベルトの張りは難しいのです。

 

なので

ギリ?で張って

鳴いたらすぐに来てください

という感じにしています。

 

 

そんなこんなで、

ベルトは出来れば交換したくないです。

 

 

 

超音波のベルトテンションゲージを買うようなのかなぁ・・・

車検、整備 | 17:06 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.